つくる毎日と日々の記録
by neru43
カテゴリ
全体
handmade こどもふく
handmade おとなふく
handmade おそろい
handmade 雑貨
ムスメ
パン・お菓子
行事・記念日
おでかけ
日々のこと
special
委託について
shop
はじめまして
未分類
以前の記事
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
link
お気に入りブログ
per-te*
dots&borders
Sweet Bird
joue de noa
sourire
toco*toco slow
happy day!
bluebird
sourire*
kurumi*style
本日の花 全国発送いたします
lily*m ... ...
momo-tone*
fuwari*
tesori*felici
Le* Sourire
 m∞o
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Grey dot1" Skin
by Animal Skin
あれから
ごぶさたしてます。暑いですね~っ><
吹雪の舞った震災の日から気がつけばもう夏です。

引越し後毎日も落ち着いて来て、なんだか先送りしていたネットもようやく繋ぎました。
お休みしていた間も毎日たくさんの方が覗いてくださっていたようで、色々ご心配をおかけしてごめんなさい。
のんびり元気に暮らしてます^^みんなは元気だったかな?

ブログ、閉じてしまおうかとも考えていたのですが再開しようと思います。
ちょこっとですがミシンも再開しました^^
震災のことはここで気持ちに区切りをつけて、新しい場所にお引越しすることにしました。

お友達のみんなにはお知らせもせずごめんね。
リンクの変更等、お手数ですがよろしくお願いします。

新しいブログはこちら 


地震からの毎日や気持ちなど、ここに残すかどうかは迷いましたが、記録として書き記しておきたいと思います。
長くなりますし、楽しい内容ではないので隠します。



e0127729_16562413.jpg

             ミシン部屋。リビングに比べれば壊れたものもなく良かった方です。
3月11日。
その日は転勤で引越しの決まったchiboさんとランチでした。
引越しまでにまた会おうね♪と駐車場で別れて、家に戻り娘の園バスが到着。リビングでおやつを食べているときに携帯の緊急地震速報が鳴りました。
地震が多い地域でしたが速報は初めてのことでとりあえず娘とテーブルの下へ。
すぐに大きな揺れが来て危ない!と思い娘を抱えて外に出ました。
玄関から飛び出すとあまりの揺れで歩けなくなり娘に「大丈夫、大丈夫」と言いながら立ちすくんでました。
家の前の電柱がぐわんぐわん揺れて、急に吹雪いて来た光景が目に焼きついています。

揺れが収まり家に入ると足の踏み場がありませんでした。
余震がものすごいので家の前の公園へ。何人も集まってきていて少し気持ちが落ち着きました。でも公園も地割れが起きていて、あちこちのお宅でで瓦が落ちていました。
ガス等止めたほうがいいよ、と言われ自宅へ戻りましたが娘が怖がるので車の中でニュースを見ました。余震のたびに飛び出して・・・と繰り返して雪もひどかったので向かいのお宅にしばらくお邪魔させてもらうことに。
ご主人もいらしたのでかなり心強かったです。

なんとか下道で帰ってきた旦那さんとその夜はリビングに布団を敷いていつでも逃げられるように服のまま寝ました。
時間が経つに連れてニュースで東北の状況が大変なことになっているのを知り、余震もひどかったのでほとんど眠れず朝を迎えました。
大変な被害を受けた石巻地方は以前旦那さんの担当していた地域で、安堵の気持ちもありつつあの街が・・・ととても複雑な気分でした。

3月12日。
朝になったら断水していました。オープンと同時に近くのスーパーへ。すごい人。
焦ってアクセルを間違えたのかドアに車がつっこんでガラスが散乱していました。
店内のビン類も地震で割れ床は大変なことになっていましたが、それでもお店を開けてくれていることに感謝。
水を少しとすぐ食べられる食料を購入。

そのまま給水所へ。並ぶ・・・・。寒い・・・。
結局5時間半ほど並んで自衛隊の給水車からお水をもらえました。
待っている間におにぎりとバナナが支給されました。
お皿が洗えないので料理もできず、冷凍食品などで食事。
トイレを流せないのがつらい。
たまたまガソリンが満タンに入れられて、これが後々助かりました。
余震の度にパニックになる娘がかわいそう。

3月13日。
旦那さんと娘は後輩の家の地区が水が出るとの事でお風呂を使わせてもらいに行きました。ありがたい!
携帯と家の電話がほとんど通じないので公衆電話に並んで実家に連絡。
旦那さんがお友達パパと給水所へ。
このとき原発の話になり避難も考えなくちゃいけなくなるかも・・・という話に。
福島に住んで1年、原発がどこにあるかなんて考えたこともなかったので実感がなかったのですが、避難用の荷物も念のため用意。

3月14日。
3号機の水素爆発。
現実のこととは思えないまま夕方ばたばたと自宅を後にしました。
高速が使えないので下道で6時間かけて実家へ。途中寄ったコンビニではどこも食料がまるでなく、一体何が起こっているの?という感じ。
ラジオのニュースも事態の悪化しか告げず、夜中に着いた実家で用意しておいてくれたおにぎりが涙が出るほどありがたかったです。

幼稚園はそのまま春休みに突入。
新学期までには戻れるよね?と思いつつ旦那さんも自宅待機になり、私の実家と旦那さんの実家を行き来する生活に。
3月が終わる頃にはもしかしたら戻れないかも・・・と思い始めました。
どうなるんだろう??という先の見えない毎日がものすごいストレス。
放射能のことは調べれば調べるほど頭がおかしくなりそう・・・。
4月になって娘は戻せない。単身赴任を選択しようということに。
この頃が1番しんどかったかな。夜、横になるとただただ涙が出てくる日々。
実家のある市内に家を決め、早くなじませてあげたかったので翌日から幼稚園に通い始めました。
引越しまでの1ヶ月はバス・電車で1時間かけて通って、帰りのお迎えまで5時間待っているという生活でした^^;

しばらくして辞令が出て、旦那さんがこちらに異動すろことができ、家族3人で暮らせることになりました。
引越しのためにGWに自宅に帰り、お友達や幼稚園に挨拶をすることができました。
去る側の人間としては複雑な気持ち・・・。

今は生活も落ち着いて、娘も楽しく幼稚園に通ってます。
結果的に3つの幼稚園に行くことになってしまい、せっかく仲良くなったお友達とも離れ申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、仲の良いお友達がすぐにでき、毎日元気です^^

原発についてはここで考えを伝えるのは避けますが、今も不安な日々を送るたくさんの方々のためにも、一日も早い収束を願っています。

家族や普通の毎日のありがたさを考えたこの4ヶ月でした。
繰り返して行く日々に感謝して、こちらのブログは閉じたいと思います。
[PR]
Top▲ | by neru43 | 2011-07-11 12:49
| ページトップ | 5月 >>